大阪ミュージックバンク、オーディション現場に潜入!

ミュージックバンク合同会社 オーディション

6月某日。ミュージックバンクの大阪事務所にて開催された、関西コレクションLEステージ出演をかけたオーディション。

「憧れの京セラドームに立ちたい!」「関西コレクションに出演するのが夢だった。」「大きなステージに出て、もっと自分を成長させていきたい。」
さまざまな思いを抱いて、プロのアーティストを目指す未来のスターのたまごたちが大阪事務所に集結。

面接官は音楽業界で長く活躍している実力派ぞろい。志望理由はもちろん、どういったビジョンを持って音楽活動をしているのか、今後自分はどうなっていきたいのかということをしっかりヒアリングしていきます。「実はプロを目指してるわけではないんです…」「興味本位で応募しちゃいました!」という人は、残念ながら今回はお見送りに…。関西コレクションLEステージへ出演することができるのは、真剣にプロのアーティストを目指している人!
だからこそ面接官はアーティスト一人ひとりに真剣に寄り添い、向かい合って話を進めていきます。アーティストも自分の思い描いている夢を一生懸命伝えようとしている姿がとても印象的でした。

表現者としてどのように自分を持っていきたいか。
発信者としてライブやリリースなど、どこに一番力を入れてやっていきたいか。
プロのアーティストになるために大切なことをしっかりと話し合って目的を明確にします。

また、面接では雑談を交えながらプロフィールや未来のビジョン、アーティストそれぞれの人間性を知るための質問などがありますので、オーディションに興味のある人はしっかりと答えられるように心の準備をしておいたほうがいいかもしれませんね。

そして緊張もほぐれてきたところで歌唱審査へ。アーティストは自分の自信のある楽曲をアカペラで歌います。この日のために練習に練習を重ねてきた楽曲。中にはオリジナル楽曲を作って披露するアーティストもいました。

歌唱審査中は歌詞を見ながら歌ってもいいということでしたが、「下を向くと喉が開かなくなってしまうから歌詞の見方に注意するように」など、面接官はその場その場ですぐに適切なアドバイスをしてくれます。自分で歌い方を探す、ただ声の出し方をボイトレで教わるだけではない。自分がその歌を歌う意味は?この楽曲で何を伝えたいのか?と、この面談と歌唱審査でアーティスト自身も新たに気付くことや考えさせられることが多かったのではないでしょうか?

オーディションを終えたアーティストの目は、さらに明確になった未来の目標に向けて燃えているようでした。大阪では引き続き関西コレクションLEステージ出演をかけたオーディションが開催されています。今の自分の力を試してみたい、アーティストとしてさらにステップアップしていきたい!そんな人はぜひオーディションページをチェックしてみてはどうでしょう?ミュージックバンクは東京だけではなく大阪もアツくなっています!今後どのような次世代アーティストが世に排出されていくのか楽しみで仕方ないですね。

●リンク

ミュージックバンク公式サイト

KANSAI COLLECTION Live Experience Stage出演者募集ページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました