【インタビュー】イシヅヤシン、新しい世界を紡ぐ意欲作『月の夜噺(よばなし)』全国配信リリース

インタビュー

独自の目線であらゆる物語を歌うピアノシンガー、イシヅヤシンが2019年3月13日(水)第3弾となるデジタルミニアルバム『月の夜噺』を全国配信リリースした。

イシヅヤシンといえば、ミュージックバンク所属アーティストとの共演も多く、映画や絵本、ミュージカルのような世界観の音楽を創造するアーティストとしても有名だ。

今作は、彼ならではの心地よい歌声とピアノがハーモニーを奏でつつ、ふいに核心を突いてくる歌詞、洗練された壮大なメロディ、今までとは一味も二味も違った作品に仕上がっている。
好奇心旺盛なミュージシャンとして、気鋭のクリエイターとして、さまざまな角度から新しいことに挑戦し続ける彼の最新の声をお届けしよう。

ミュージックバンク合同会社

──第1弾『はじまりの歌』、第2弾『夜空のサーカス』に続いていよいよiTunes全国配信音源の第3弾『月の夜噺』がリリースしましたね。今回の作品はどういった経緯でこのタイトルになったのでしょうか?

イシヅヤシン(以下、イシヅヤ):僕の楽曲には月というワードが出てくることが多いんですよね。そこで夜のテイストを表現できるタイトルは何かないかな?と考えていた時に、僕の大好きな「がらくた屋と月の夜話(著者:谷瑞恵)」という小説が思い浮かび、そこからいただきました。トランクケースにガラクタをめいっぱい詰め込んで、真夜中の公園で売ってるおじさんの話です。どうです?イメージするだけでも不思議な世界観でしょ?(笑)ガラクタなんて誰もほしがらないだろうって思うんですけど、でもそのガラクタは「忘れてしまった大切な何か」を思い出させてくれるものだったりして。僕の作品も誰かにとってそんな素敵なものになれたらいいな。

ミュージックバンク合同会社

──優しさと不思議さが入り混じったイシヅヤさんの世界観とどこか似ていますね。心が温まります。

イシヅヤ:ありがとうございます。今回全国配信した『月の夜噺』は「猫がワルツを踊る理由」「僕の名前は夜」「星降る夜に」の3曲を収録していますが、それぞれ新しいことを取り入れて色んな角度からアプローチしているんですよ。僕のことを全く知らない人も、前から知ってくれている人も、たくさんの人が楽しく聴いてくれたら嬉しいですね。

ミュージックバンク合同会社

──本当にどの楽曲も強烈な印象があり、一度聴いただけでも頭に刻まれます。

イシヅヤ:「猫がワルツを踊る理由」はバンド編成となっていて、今までデジタルリリースした9曲の中で唯一のコーラスワークに挑戦してます。「僕の名前は夜」の詩の朗読は僕が今まで作ってきた作品の中で初めての試みですし、「星降る夜に」は壮大なオーケストラアレンジをアレンジャーさんに手掛けてもらいました。3曲の共通したテーマは“夜”なんですけど、ぜひこれは夜に聴いてもらいたいですね。眠る前に枕元で絵本を読んでもらっているような感じをイメージしてくれたらと思います。

ミュージックバンク合同会社

──安眠効果だけではなく、疲れを取ってくれるリフレッシュ効果もありそうですね!ちなみに「僕の名前は夜」を初めて聴いた時に、この物語の主人公は妖精のような存在ではないか?と感じたんですよね。

イシヅヤ:実は「これ」といった正解はないんですよ。むしろ正解なんてなくていいかな。聴いた人がそれぞれ感じ取ってくれた存在でいいんです。“夜”は妖精さんかもしれないし、“夜”という名前の人間かもしれない。色んな人が色んな感じ方をして思い描いてくれたら嬉しいですね。

ミュージックバンク合同会社

──奥が深いですね。色々な捉え方ができて、いくつものストーリーが自然と頭の中で展開されていくのがイシヅヤさんの世界観の魅力だと思います。なかなかこういった楽曲を作れるアーティストさんはいないですよね。

イシヅヤ:意図的ではないけれど、完成形を改めて聴いてみると自然とそうなっていたりすることもありますね。あとは…なんとなくのストーリー展開をイメージしてたりはしますね。その場所の空気や気温、湿度、主人公の状態や時間帯だったり。あとは曲を作る時に必ずどの曲も自分のお気に入りポイントができるんですよ。一番聞いてほしいのはここ!みたいな(笑)本当に言いたいことを2番のBメロにこっそり混ぜたりして。どの楽曲も作曲者としてもちろん作っているんですけど、リスナーとして客観的に聴いている僕もいて、自分の中の色んな声を聴きながら完成させていきます。

ミュージックバンク合同会社

──こうしてじっくり丁寧に一曲一曲の物語が広がっていくんですね。

イシヅヤ:ぜひみなさんも色々な視点から聴いてみてください。僕の曲で少しでも心の疲れが取れたり、リラックスできたり、元気になってくれたり…本当に幅広い年代のたくさんの人に聴いてもらいたいですね。そしてこれからも「イシヅヤシンの音楽に出会えてよかった」「応援していてよかった」そう思ってもらえるように、精一杯頑張っていくので見守っていてください。

──応援しています!音楽に乗せて、もっと多くの人の心に笑顔と元気を届けたいですね。

イシヅヤ:デジタルリリースや生のライブはもちろん、SHOWROOMでも他のライブと区別せず全力で歌っているのでぜひ遊びに来てください。動画配信アプリって基本はリスナーさんとの雑談がメインだと思うんですけど、僕は本番のライブと同じくらい緊張感を持って毎回ガチのライブしています(笑)毎日1時間半ほどやっているので、少しでも僕の歌を聞きに来てくれたら嬉しいですね。

ミュージックバンク合同会社

【SHOWROOM毎日配信中!】

ピアノ弾き語りライブ配信

ピアノ弾き語りorピアノ配信

トーク配信

【リリース情報】
第1弾「はじまりの歌」
・酔いどれパーティ
・VillainS
・ドワーフ

ミュージックバンク合同会社第2弾「夜空のサーカス」
・夜空のサーカス
・Lost dog
・花が咲いていた

ミュージックバンク合同会社第3弾「月の夜噺」
・猫がワルツを踊る理由
・僕の名前は夜
・星降る夜に

ミュージックバンク合同会社↓「イシヅヤシン」で検索↓
https://www.tunecore.co.jp/artist/Ishizuyashin

ミュージックバンク合同会社【イシヅヤシン】
Official Website:イシヅヤシン
Twitter:@shin_Ishizuya
SHOWROOM:イシヅヤシンは物語を歌う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました