doo「みなさんのいい声聴けて良かったです!」6月7日BRAND NEW×Mudiaライブレポート

doo ライブレポート

6月7日に開催されたBRAND NEW×Mudia(トラック・パフォーマンス部門)会場代表アーティスト決定戦。
歌手活動のみならずDJや俳優業、ラジオパーソナリティとしてマルチな才能を発揮する注目のアーティストdooが出演しフロアを熱く沸かせた。

doo

今回のライブはオーディエンスの投票によって勝敗が左右される、オーディエンス参加型の全国規模ライブグランプリだ。生でのライブパフォーマンスを楽しめるだけではなく、オンライン中継で応援と投票ができる。

久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」はまさにオープニングステージにふさわしいカバー曲だ。メロディは甘く優しく動き出し、彼の歌声に乗せて彼なりのオリジナリティあふれる味付けを施したラブソングが会場を包み込む。

「改めまして!今日はMudiaトラック部門ということで、実は一人で非常に緊張しています(笑)」

冗談交じりのMCで観客の笑いを誘い、会場も徐々に温まってくる。

doo

シンガーとしての勉強や活動だけではなく、クラブミュージックのダンスバトルDJ、ドラマのエキストラなど多岐にわたる活動に、彼の今後の成長が楽しみで仕方ない。
また、ちょい飲み手帖 Presents「音楽食堂」では毎週土曜23時からfm GIGにてパーソナリティを行っている。ちなみにこのちょい飲み手帖とは、各エリアのお得な「ちょい飲みセット」を集めたグルメ本。気になる方はぜひこちらもチェック。

doo

一通り宣伝を終えると、今度はいよいよオリジナル楽曲の披露だ。応援してくれているみなさんに向けて作った「My Heart」は、ありがとうの言葉の大切さを改めて感じることの出来るメッセージソングとなっている。泣いている時も笑っている時もいつも近くに感じる宝物。この歌詞はとても深く考えさせられる。彼にとっての一番の宝物は、彼の活動を心から応援している人達の存在なのかもしれない。心地よさでいつまでも聴いていたくなる名曲だろう。

続けてバラードのカバー曲メドレー。有名な楽曲ばかりで、初めてdooのステージを見る人にとっても口ずさみやすいものばかりだ。
清水翔太の「君が好き」から始まったメドレーは、特別な愛の深さを感じることができ、中西保志の「最後の雨」では切なさでぎゅっと胸が締め付けられる。HYの「366日」では歌詞の一つひとつを丁寧に歌い上げ、“もう二度と戻れなくても今はただあなたの事ばかり”…というサビのフレーズが終わると会場からは拍手が沸き上がった。
伸びのある声と澄んだ高音はdooの武器ではないだろうか?dooというアーティストの世界観に惹かれ、夢中になって聴き入った人も多いだろう。

「静かでしょう?僕のライブ。こんな感じでバラードメインでやってます。これから明るい曲も作っていくのでまだまだdooの活動見ておいて下さい!」

さすがラジオのパーソナリティもこなしているだけあって、MCのテンポもよく観客のノリもいい。静かなバラードとMCの明るいテンションのギャップがたまらない。

もうちょっと彼のステージを見ていたい!まだ物足りない!これが正直な気持ちだった。そしてMC中のバックミュージックにはオリジナルソングの「ice cream」が流れた瞬間、このアップテンポなリズムはまさに新たな一面を見せてくれたようで、どんなメッセージの詰まった作品なのだろうと期待が高まる。

「この曲は休日を過ごすカップルの朝を描いた歌なんですよ。日曜の朝、起きて恋人が隣にいて、アイスが欲しいって言うからコンビニまで買いに行くって
いう“何気ない一日”“何気ない日常”の幸せを笑顔ています。」

一見、ほっこりするラブソングなのかと思いきや、当たり前の日常を過ごせることがどれだけ幸せなことなのか、その一瞬一瞬を大事にしようという気持ちを改めて感じさせてくれる深い楽曲となっている。

爽やかでリズミカルなサウンドが開放的な気分にしてくれるイントロが印象的だ。そしてサビの“It`s an usual holiday”の部分ではdoo自身はもちろん観客もクラップをしながら気持ちよさそうに声をあげる。これが音楽の力だろうか?自然と身体は揺れ動き、アーティストもオーディエンスも全員が笑顔でいっぱいになっていった。ラストの楽曲で最高の一体感を作りあげると、場内の熱気はさらに高まっていった。

doo

「笑顔になって最後dooのステージを終わりにしたいと思います。」
「ボリュームマックスで最後にみなさんの声を聴かせてください!」
「みんないい声出てる!」

アイスのように溶けてなくなって気付けば時間はもう一瞬。
まさにその通りで、楽しい時間が終わってしまうのはあっという間だ。まるで本当のスイーツを味わっているみたいな特別な25分間だったと思う。

しかそdooの音楽活動はこれからもまだまだ続く。「ice cream」の歌詞のように、“また食べたらいいじゃない”。dooのライブが見たいと思ったのならまた見にくればいいじゃないか。会場に来た人だけが味わえるSweetな時間をぜひ堪能してもらいたい。

「最後にみなさんのいい声聴けて良かったです!」
この日一番の最高の笑顔を客席の全ての方向に向け、ステージを後にした。

そして今回、見事勝ち上がることができたdooの次のMudiaはなんと東京のステージ!
7月7日(日)EX THEATER ROPPONGIで開催されるMudia2019「グランプリファイナル」だ。

Mudia2019「グランプリファイナル」 | EX THEATER ROPPONGI(東京都) | sonar-u
定額制ライブ行き放題サービス

決勝戦のライブということもあり、MusicBank所属アーティストFly Foxysやソナーユーでも大人気のアーティストC-Style、ゲストには安里ミーナなど豪華出演者がステージに立つ。ライブ詳細をチェックしてぜひこの日は応援に駆け付けよう!果たして勝利は誰の手に…!?

◆doo
公式Twitter https://twitter.com/@endoo07
公式ソナーユーページ https://sonar-u.com/artist/713
リンク https://linktr.ee/doo_0607

コメント

タイトルとURLをコピーしました