【桑垣望】噂の“チャラかっこいいパフォーマンス”をライブで堪能せよ!

桑垣望(くわがきのぞむ)
大阪出身、2018年4月に上京し現在都内のライブハウスを拠点に活動するシンガーソングライター。
直球ドストレートな歌からガツンと心撃たれる歌まで、幅広くチャラくかっこよく歌い上げるアーティストだ。


今回、桑垣望のステージを観てまず一番に思ったことは「チャラい」だ。
さすがCHALASINGER(チャラシンガー)と呼ばれているだけある。

しかしそれだけでは終わらない。

「え…歌詞の奥が深い!なんでこんないい歌詞書けるの!?チャラいのに…

そう、桑垣望の魅力はチャラさもあるが『詞』もまた素晴らしい。

●チャラさの裏にある特別な想い。

フライヤーを見ていみると…

『20歳の時に大切な人との別れをきっかけに音楽の世界に足を踏み入れた』と書いてある。

チャラさの中に、繊細で心に突き刺さるような言葉の数々が散りばめられているのは桑垣望の過去にあった出来事が関係しているのかもしれない。

悲しい過去を背負ったチャラいイケメン。

もう…ね、なんか「んはぁーーーッ!!!」って声にならない声が出てもだえる。
(こういう男性に弱い女性かなり多いと思います。)

これはファンがつかない訳がない。

チャラいけどチャラいだけではない。
彼にしか作れない詞の世界へ飛び込んでみてはどうだろう?

●オリジナルだけで勝負!

人気アーティストのカバー曲を歌うシンガーはよくいるが、なぜ桑垣望はカバーをやらないのだろうか?

「初めて見る人向けにやるはカバー曲のほうがみんなノリやすくていいですけど、やっぱり自分の『想い』『したいこと』がぎっしり詰まったオリジナル曲を聴いてもらいたいですね。初めて聴く曲でも心に響いて、少しでも印象に残る歌を歌えるようにこれからも頑張っていきます!」

ストレートな言葉、想い、優しさや切なさ、さまざまな感情がこもっているオリジナル楽曲には桑垣望の『魂』が宿っているとも言えるだろう。

●もっと桑垣望のことが知りたい!

そんな人のために今回は音楽に全く関係のないことまで色々と聞いてみた。
桑垣望のさらにコアな部分が知れるかもしれない…!?

・好きな食べ物は?
「イチゴ!ショートケーキとかもそうだけど、イチゴが乗ってたら何でもいい(笑)回転ずしのスイーツバージョンってあるの知ってます?そこに行くのが夢なんですよね(笑)」

回転ずしのスイーツ…多分こんなところですかね。
原宿にあるようなのでもし興味がある人は回転スイーツに行ってみてはどうだろう?
運がよければ桑垣望に遭遇できるかも…!?
(画像はメゾンエイブル カフェ ロンロン)

ちなみに嫌いな食べ物はグリーンピースだそう。
野菜全般あまり好きではないようなので将来の健康が少し心配になる。

・お気に入りのブランドは?
「PARADOX、あとはNUEVO(ヌエボ)ですね。」

ファッションセンスもチャラかっこいい桑垣望。
ファンからプレゼントしてもらった服も全力で着こなします!と、嬉しそうに話していた。

・好きな場所は?
「屋上とか公園ですね。公園って子供が多いじゃないですか?悩んでたり何か辛い事があっても、子供の笑顔を見ると癒されて元気になるんですよ。大阪にいた時は保育の先生をしていたんです。子供が本当に本当に大好きで!」

なんとこのチャラさで普通に保育の先生をやっていたことに驚き…!
属性【チャラかっこいい】だけではなくそこに『元・保育士さん』というステータスも追加されて、世の中のお姉さんたちのハートはもう大変だ。

●ファンの人たちへ届けたいメッセージ。

「こうやってパフォーマンスできているのは応援してくれている人たちがいるからです。僕の歌を聴いてくれて、僕の歌で元気になってくれたり共感してくれてる…みんながいるから活動している意味があります。いつも応援本当にありがとう。少しずつでもみんなと一緒に大きくなっていきたいです!」

桑垣望のファンを大切に想う心は本物だ。彼のパフォーマンスは自分のファンだけではなく、会場にいる人が誰一人として置いてきぼりにならないような、まさに『みんな』が楽しめる空間を作り上げている。

フロアでは物販コーナーでファンと触れ合い、桑垣望の周りではいつも笑顔が溢れている。

SNSを見るとファンへの感謝の気持ちや応援してくれている人たちに向けたメッセージがとても多い。
SHOWROOMでもファンと楽しくやり取りし、まさに『最高の時間の共有』ができることは間違いない。

今後も桑垣望の活動から目が離せない。
このチャラさは一体どこまで進化し続けるのか…!?

 

ミュージックバンク合同会社の情報もチェック!

ミュージックバンクの事務所公式YouTubeチャンネルはこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る