アーティストネームREeから“伶(レイ)”へ。2019年、さらに進化し続ける

ルーパーを用いつつギターをかき鳴らし、感情的に歌い上げる個性派シンガーソングライターREe
音楽事務所ミュージックバンク所属の若手の21歳であり、新進気鋭の注目アーティストだ。

2019年を迎え、公式Twitterでは【重大発表】として、アーティスト名の変更を知らせた。

(Twitterより)

 

REeから伶へ。

「ファンの人たちから“レイちゃん”と呼んでもらえることが嬉しくて、レイという名前の響きは変えていません。」
とコメントしている。

しかしREeから伶と漢字にするだけで、グッと大人の女性に近付いた印象を感じる。

伶という漢字自体、俳優や音楽を演奏する人という意味をもつ漢字だ。

「亻(にんべん)」は人を意味し、「令」は神様にひざまずいてをしてお願いする様子を表している。
確かによく見ると、「令」という字は頭に冠を乗せてひざまずく人を横から見た状態に見えてくる。

この2つを組み合わせて、神様に仕える人という意味になるのだ。

神様を楽しませるために歌って舞い踊る。実は古くから、神様に仕える人は踊りや音楽を通じて奉仕をしていたと言われる。

それが由来となって、伶という漢字は“俳優や音楽を演奏する人”という意味を持つようになったのだろう。

響きがかっこよくて綺麗なだけではなく、ミュージシャンのアーティストネームとしてぴったりの名前だ。

ファンからも
「写真のイメージとぴったりだと思う。」
「かっこいい!」
「漢字の方が伶ちゃんっぽいよ♪」
「アー写と『伶』と言う名前の雰囲気がめちゃくちゃ好き!」
と、うれしいメッセージが届いている。

去年は音楽活動を始めたスタートの年。アーティストの道を志して約半年でライブステージに立つなど、まさに大きな一歩を踏み出した年だろう。

 

現在はオリジナル楽曲制作中だ。今年はさらにたくさんの大きな変化と奇跡が起きる年になる。

そう、なんと…2019年12月には初ワンマンライブを開催予定だ。

一人でも多くのファンを作るために、ライブ活動はもちろん動画配信アプリにも力を入れている。

 

MixChannel LIVEの配信スケジュールはTwitterをチェック
ガールズライバー登竜門1位を獲得するなど、イベントの入賞歴もある実力の持ち主。
リスナーと楽しくおしゃべりしたり、弾き語り配信をするなど、いつまでも観ていたくなること間違いなし!
ぜひ一緒に盛り上がってみてはどうだろう?

また2019年1月14日(月)には下北沢mosaicにてAny records & RISIC records設立イベント【Any or RISIC】に出演する。

今年初のライブということで、伶自身の動員目標は最低15人を目指している。
2019年12月のワンマン実現の大切な一歩として、見事達成することができるだろうか?

 

「伶のライブ観に行ってみたい!」
「アー写見て気になってたんだよね。この機会にどんな歌を歌うアーティストなのか観てみようかな。」
「ファンとして伶ちゃんと一緒に絶対達成させたい!」

そんな人はぜひDMにて、ライブチケット予約のメッセージを送ろう!

チケットの購入方法はこちらのページでも詳しく確認することができる。
https://sonar-u.com/event/4446

records & RISIC records設立イベント【Any or RISIC】
OPEN:18:00 START:18:30
会場:下北沢mosaic
その他:1DRINK
フリーパス会員料金 : 1DRINK代のみ
前売り2500円 当日3000円
出演アーティスト : guest Lagz & Jera act 荒巻勇仁 / REe / TSUYOSHI / 引地裕美 / Laki / Syamu / 何故ナツミ / WAVE / …and more!!

【伶】
Twitter:https://twitter.com/songpraat
Instagram:https://www.instagram.com/0429___ree/
定額制のLIVE行き放題sonar-u
https://sonar-u.com/artist/616

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る