【特別インタビュー】美人すぎるスタッフ安藤優子「オープンで打ち解け合える存在に」

インタビュー

音楽事務所ミュージックバンクの総務・広報課として活躍する“社内の華”的存在のスタッフ安藤優子。

過去にはモデルや動画生配信アプリMixchannelやSHOWROOMなどで幅広く活躍していた経験を持つ。
総務・広報課だけではなく、アーティストのマネジメントや制作サポートにも携わる、まさに「美人すぎる万能スタッフ」ではないだろうか?

今回の特別インタビューでは、ミュージックバンク合同会社に関わる話から彼女自身の音楽観についてまで深く話を訊くことができた。

◆  ◆  ◆

──日頃からさまざまなアーティストと接する機会があると思いますが、その時に何か心がけていることはありますか?

安藤:そうですね、やっぱりアーティストにとってスタッフは心から信頼できる存在じゃないといけないなと思うんです。だからこそ「このスタッフさんだったら安心して色々と話せるな。」って思ってもらえるように意識していますね。あと、常に笑顔です(笑)笑顔でいることでアーティストの心の緊張を解いてあげたり、オープンで打ち解け合えるんじゃないかと思っています。


──アーティストに対してだけでじゃなく、社内で他のスタッフと仕事をしている時も笑顔を忘れませんよね。

安藤:はい(笑)仕事中つい一人で色々と考え込みすぎて、頭がパンクしちゃいそうになる時ってありますよね?そんな時に声をかけたり、笑わせてみたり、悩みや相談に乗ったり。あ、邪魔してるわけじゃないですからね?(笑)やっぱり笑顔のある職場って楽しいじゃないですか。スタッフのモチベーションを保つのは総務・広報課の大事な役割ですからね。

 
──この会社で感じているやりがいや、「ここが楽しい!」という部分はありますか?

安藤:アーティストはもちろん、会場のスタッフさんや常連のお客さん、たくさんの人と関わって話ができるのはこの仕事の一番の魅力ですね。本当に楽しいです!ライブでは色々な刺激を受けますし、音楽を通して素敵な輪がどんどん広がっていってるのを実感しています(笑)


──2019年、ずばり今年の目標は何でしょう?

安藤:今までやったことのない総務・広報課という仕事ですが、それを完璧にこなすこと!去年できなかったことをどんどん今年はできるようになっていきたいですね。そして今まで以上にミュージックバンクから音楽と笑顔を発信していきます♪

──ちょっとプライベートなことも聞いていいですか?(笑)普段どんな音楽を聴くんでしょう?

安藤:んー、海外のオーディション番組が好きなので、まだ世に知られていない一般の人の歌声を聴くのが好きです。スター誕生の瞬間とか!本当感動しますよ(笑)あとは洋楽、クラシックですね。私自身クラシックをしていたので、一番好きな音楽がクラシックになります。J-POPにはちょっと疎いので色々とおすすめ教えてくださいね!


──それでは音楽プロダクションミュージックバンクに所属するアーティストへ一言お願いします!

安藤:がんばれーっ!努力は絶対に裏切らないぞーっ!!!まだ所属しようか迷ってる人、アーティストをこれから目指してみようかなと思ってる人は、まずどんなこともやってみないとわからないから大事な一歩を勇気出して踏み出してみて!

──応援してくれるファンのみなさまへのメッセージもお願いします。

安藤:アーティストを応援してくれる人には本当にいつもありがたいと思っています!ファンのみんながいないとアーティストも活動ができないし、ファンがいるからこそのアーティストです。絶対にいなくてはならない大切な存在なので、これからも応援してもらえると嬉しいです。ちなみに…私のファンも大募集中ですよ!(笑)


【安藤優子】
誕生日:2月22日生まれ
特技:ハンドメイド、書道
経歴:3歳から中学3年生までピアノを習う。その後、歌の勉強を始め、高校と大学では東京音楽大学付属の声楽を専攻。中高学生の音楽教員免許を持ち、中学校での臨時教員経験あり。

Twitter:https://twitter.com/yuko_ando222
Instagram:https://www.instagram.com/yukoando222/

 

オリジナルハンドメイド作品も必見!Instagramに多数の作品をアップしているのでこちらもチェックしてみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました