世界は広い!枠にとらわれない音楽活動をしよう!

コラム

これな自分にとって『気持ちがいい音楽活動』ができているかどうかということ。

自分は〇〇のジャンルをやっているし新たにこんなことに挑戦するのはよくないよなぁ…とか。
やってみたい音楽はあるけど、バンドの方向性とは違うからなぁ…とか。

ついつい自分のやっている今の音楽の枠や環境にとらわれすぎてしまっていませんか?

〇〇だから△△をしてはいけない。
ということは絶対にありません

世界は広いです。
世の中色々なミュージシャンが日々新しいことに挑戦して、多くの話題を作っていますよね。

せっかく音楽活動をしているんですから、枠にとらわれないあなたの思うままの活動をしましょう。

 

それが自分にとって気持ちいいか、気持ちよくないか。

やってみてあなたが気持ちよさを感じることができたなら、これからも音楽活動はもっともっと楽しくなりますよ。
ぜひ色々なことに挑戦してみてくださいね。

●思い込みを外すことで今まで見えなかったものが見えてくる。

今までジャズというだけで自分にはとうてい理解できない難しいジャンルだと感じ、聴くこと自体避けてきた私。

でも友人にすすめられ、実際にじっくり聴いてみると奥が深いというか…聴いていて楽しくなってきたんですよね(笑)

「自分にジャズは合わない。」

と決めつけていたままでは永遠にこの新たな発見に気付くことができなかったかもしれません。

ジャズをよく聴くようになってからは自分のドラムのプレイスタイルも少し変化しました。
基本はロックなのですが、『ジャズ』っぽいフレーズを少し取り入れるだけで随分と曲の雰囲気がよくなり、バンドメンバーも気に入ってくれました。

今まで避けてきたものや苦手だと思うことを、思い込みを吹き飛ばして自分の音楽に取り入れてみるのはどうでしょう?

●枠にとらわれたままの音楽で本当にいいの?

確かにポピュラーミュージックや王道なロックって売れやすいイメージがありますよね。

よく『売れ線狙いの曲』なんて言われたりもしますが、最近同じような曲が流行ってるなぁ…なんて思ったりも。
(もちろんそういう曲ってサビがキャッチ―で覚えやすかったり、曲の構成も日本人好みだったりしますもんね。)

でも私個人的にはもっと個性丸出しの、売れ線とか完全に無視した曲が聴きたい…!!

売れ線なメロディを意識しなくても、そのアーティストの魂がこもった歌ってやっぱり素敵ですもん。

流行り廃りに左右されない、枠にとらわれないオリジナリティあふれる音楽を求めているリスナーさんってけっこういるんじゃないでしょうか?

●音楽の世界は意外と自由!

最近新らしいジャンルが色々と誕生していますよね。

EDMとはまた違ったADM(アコースティック・ダンス・ミュージック)トランス×メタル
ピコピコサウンド+スクリーモでピコリーモと呼ばれるジャンルも流行りましたよね。

音楽というのは人々が楽しむといった意味で、エンターテイメントでもあります。

新たな発見や驚き、珍しいものを聴いたときには刺激されますし「なんだこれ!」ってもっと聴きたくなったりもしますよね。


●最後に。

もちろん人それぞれ好みはありますし、新しいジャンルがつねに素晴らしい音楽だというわけでもありません。

ですが枠にとらわれてばかりの音楽は正直つまらないです。

自分が次に流行る新しい音楽ジャンルを作るくらいの気持ちで、新たしいことにどんどん挑戦していきませんか?

 

ミュージックバンク合同会社の情報もチェックしてみてくださいね。

ミュージックバンクの事務所公式YouTubeチャンネルはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました