ボーカリストは必見!これだけは絶対にNGなもの

コラム

身体そのものが楽器であるボーカリストにとって喉はとても大切なもの。
一度壊してしまったら治すのは大変ですし、他の楽器と違って替えがききません。

そこで今回は喉を壊さないためにも、ボーカリストにとってNGなものをご紹介します。

・たばこ
たばこは身体によくない!と言いますが、これはボーカリストにとっても同じこと。特にたばこを吸っていると肺へのダメージが大きいですから、肺活量も低下してしまいます。
ボーカルとして歌い続けるのなら肺活量はとっても大事。ボイストレーニングでいくら肺活量を鍛えても、たばこを吸い続けていたら台無しに。
健康のためにも、ボーカリストとしてステージに立ち続けるためにもたばこは控えたいものですね。

・辛いもの
例えば唐辛子やカレーなどですね。喉に痛みを感じてしまったり、声が枯れて出なくなってしまうことも。こういった刺激物は喉を炎症させてしまいます。ただし、辛いものが大好き!という人もいるでしょうし、ライブ直前でなければこれは大丈夫そう。

・チョコレートや乳製品
これはライブ前に控えたほうがいいものですね。チョコレートや乳製品は喉に膜が張ってしまい、べたべたとして歌いにくくなってしまいます。ライブが終わった後や普段であれば問題ないでしょう。

他にも、ライブ直前に摂っていけないものとして、冷たすぎるものや熱すぎる飲み物のNGだと言われています。
冷たすぎるものは声帯が硬くなってしまいますし、逆に熱すぎるものは声帯を乾燥させてしまいます。
それでもどうしてもライブ前に喉が乾いて水分を摂りたくなることもあるでしょう。そんな時には常温の水が一番。ボーカリストが良い状態で歌うためには、これが最も良いのだとか。

ライブ前の食事や普段の喉のケアなど、色々とボーカリストとして考えなくてはいけない時もありますが、声帯や自分の嗜好もありますので無理して辞めてそれがストレスに繋がらないよう無理はしないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました