シンガーソングライターになるにはどうすればいい?

ミュージックバンク合同会社 コラム

歌うだけではなく作詞や作曲もするシンガーソングライターになりたい。
シンガーソングライターになって自分の音楽を世界中に届けたい。自分の音楽で世界中を魅了したい。

でも、シンガーソングライターになるにはどのようにすればいいのかわからなくて困っている。

人々に音楽を届けられるシンガーソングライターになるにはどうすればいいのか悩んでいる。

そんな方々のためにこちらでは、シンガーソングライターのなり方や手順をご紹介させていただきます。

今の悩みを解決したい方はぜひ下記をご覧ください。

シンガーソングライターになる方法

シンガーソングライターはこの資格を取ればなれる、この学校を卒業すればなれるなど具体的にははっきりとしていません。

自由だからこそ、なり方がわからないと困っている方々が多いと思われます。

シンガーソングライターのなり方としては、SNSであなたの楽曲を載せる方法、ライブハウスやイベントに参加する方法、コンクールやオーディションに応募する方法、レコード会社に持ち込む方法などさまざまあります。

あなたが今実践できる方法を数多くこなしていくことでシンガーソングライターになる道のりが幅広くなることでしょう。

次はシンガーソングライターになるための4ステップを紹介します。

シンガーソングライターになるためのステップ

ステップ1 必要な知識やスキルを身につける

シンガーソングライターには歌唱力、作詞や作曲に関する知識、楽器を演奏できる技術など幅広いスキルが求められています。

これらのスキルを身につけたい人はボーカルスクールや音楽専門学校などで知識を付けている人も多いです。

また、知名度アップのために芸能事務所の養成所に所属しながらシンガーソングライターを目指している人もいます。

知識や実力がまだまだと思う人は専門学校や養成所でスキルアップを目指しましょう。

ステップ2 個性を出す

ある程度、実力をつけたら、次は個性を出すところから始めます。

実力があっても個性がなければ人々の印象につくことはありません。

あなたの音楽の個性を出していく必要があります。

養成所や専門学校などで褒められた点を伸ばしていく、あなた自身でこのような音楽があったらいいなというものを考えて表現していくことで個性が広がっていきます。

ステップ3 オーディションを受けていく

実力や個性をつけたらオーディションを受けていきましょう。募集前に求めている人物像や年齢をしっかりと確認して自分に当てはまったらオーディションに応募をしていきましょう。

さまざまなジャングルのオーディションが全国規模で開催されています。

合格後のバックアップや所属費用もきちんとみてからオーディションにエントリーをします。

オーディションの合格通知がきたらあとは、デビューに向けて頑張りましょう。

ステップ4 事務所に所属してもレッスンを続ける

事務所に所属できたから、あとは自然とデビューができるだろうと油断をしてレッスンをサボっていると周りにどんどんと追い越されてデビューへの道のりが遠くなってしまいます。

そんなことにならないためにも事務所所属後も毎日欠かさずに行いましょう。

もちろん、デビュー後もレッスンを続けるようにします。

まとめ

こちらでは、シンガーソングライターのなり方をご紹介させていただきました。
シンガーソングライターになる方法はSNSで自分の作品をアップする、ライブハウスやイベントに参加するなどさまざまな方法があります。

スキルや実力がたりないと思っている人は養成所や専門学校に通うとよいでしょう。

あなたのシンガーソングライターになりたい、その夢を叶えるために日々のレッスンを真面目におこない、オリジナリティが溢れる楽曲作りに励みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました