イシヅヤシン、プラネタリウムワンマン「さぁ、新たな物語の世界を始めよう」

アーティスト

2018年11月16日(金)
池袋FIELD
イシヅヤシン第2弾配信リリースレコ発ワンマンライブ。
『地下室にも星は降る』

池袋FIELDは隠れ家的なカフェのように落ち着いた雰囲気のライブハウス。
会場の灯りが極限まで落とされ、客席に揺らめくキャンドルの淡い光がとても幻想的だ。

今か今かとイシヅヤシンの登場を心待ちにするファン。
以前こちらでもイシヅヤシンのインタビューを掲載させてもらったが、パフォーマンスや歌声はもちろん、創り出す世界観やアーティスティックな発想はまさに驚きの連続である。

新たな展開に向けての期待感が膨らむ演出。作品一つ一つにストーリー性があり情景が脳裏に浮かんでくるような歌詞とメロディ。
ファンの心を魅了してやまない真の芸術家だと改めて実感した。

客席のライトが落とされ、大拍手の中いよいよイシヅヤシンの登場だ。
幻想的な青と赤の照明が交互に光を放ち、会場中が高揚感に包まれた。
壮大な物語の始まりとイシヅヤシンの音楽の生命力、鼓動を感じさせる。

リード曲は『ドワーフ』
子供のころに読んだ古い童話を思い出すような懐かしい感情が心の中いっぱいに広がる。この物語の主人公は王子さまではなく、王子さまにになりたかった小人。
どれだけ願っても王子さまになれない小人の切ない想いを、月明りにも似たひと筋の照明の中歌い上げるイシヅヤシン。
一曲目から早くもその独特な世界観に引き込まれる。

『VillainS』ではまるでピアノに魔法がかかっているかのような、先ほどとは全く違うテイストのメロディが奏でられていた。
誰しも心の中に願望や欲望といったものを持っているだろう。妖しく笑う魔法使いの力を借りてその願いを叶えた者の行きつく先は一体…?想像力が膨らむ不思議な楽曲だ。

続いて披露されたのは『Lost dog』。赤い月に照らされて彷徨う一匹の野良犬、イシヅヤシンは愛を探し何度も何度も吠える。

優しい歌声で大切な人の幸せを祝う『アイビー』という曲では、複雑な感情を見事に表現している。
純白のドレスでほほ笑む君。しかしその笑顔の先にいるのは自分ではなく別の相手…。
“嬉しいのに涙が出る”
このフレーズに胸がちくりと痛くなった。
静かに波立つ海面に映った月を連想させる演出がさらに切なさを感じさせる。

ここで客席の天井に無数の星が浮かび、まさに会場はプラネタリウムとなった。

アップテンポなメロディや躍動感あふれる演奏、会場に浮かぶ満天の星空の視覚的な要素も相まって、別次元に住む猫の世界観を体感できる『猫がワルツを踊る理由』

『Real』では暗がりの中に響く悲痛な叫び、そして日常にもストーリー性を感じる『Blue moon』

ここまでなんとぶっ通しで7曲。
ようやく一度目のMCだ。

「今日は第2弾配信リリースレコ発ワンマンです。平日のお忙しい中、たくさんの方々が集まってくれて本当にうれしいです。ありがとうございます。池袋FIELDのみなさん、会場に集まってくれたみなさんがいてくれたからこそ今日のワンマンが実現しました。自分ひとりでは絶対に不可能だったことです!」

満席の会場から拍手が沸きあがり、イシヅヤシンは笑顔でさらに続ける。

「そして会場のみなさんはもうダウンロードしてくれたかと思いますが(笑)、ついに全国配信リリース第2弾が発売開始となりました!今回は新曲『夜空のサーカス』『Lost dog』『花が咲いていた』の3曲です。ぜひみなさん。ご家族や友達、周りに人にも勧めてもらえたらと思います。」

ねずみ講?(笑)とMCでは客席の笑いを誘いながらも、再び演奏が始めるときには鋭いアーティストの表情へと変化する。

さぁ、ライブは後半へと突入。
まだイシヅヤシンの世界観を堪能できると思うと気持ちが高まる。
ここからはバイオリンであるゆさが演奏に加わり、澄んだピアノと歌声に華を添えた。

『僕の名前は夜』この楽曲は特に印象に残っている。
ピアノとバイオリンの美しいハーモニーに乗せて新たな物語の始まりを紡いでいく。バックスクリーンにはゆったりと移り変わる夜空、そして吸い込まれそうな宇宙空間の映像。
曲の終わりには流れ星がきらり。この演出には思わず願いごとを心の中で三回言わずにいられなかった。
(流れ星が消えるまでの間、願いごとを三回言えば叶うというジンクスを知っているだろうか?)

そしてスポットに照らされたイシヅヤシンが、ピエロのようにおどけながら不敵な笑みを浮かべる『夜空のサーカス』。
踊り狂うピエロ、見ているだけでハラハラする空中ブランコや獰猛な動物のショー。綱渡りや玉乗り。
日常を忘れられる最高のショータイムをこの一曲でじっくり楽しむことができる。

『花が咲いていた』は今回の配信でバンド編成として収録されている楽曲。
大切な記憶を慈しむような優しさにあふれている。ライブで披露されたピアノバージョンも良いが、バンド編成ではまたイメージも変わり壮大なスケールで描かれている。
“再会の場所には花が咲いていた”
このフレーズを解釈すると再会の場所はライブハウス、花はイシヅヤシンではないだろうか?
暖かいサウンドに乗せて歌うイシヅヤシンの澄んだボーカルがじんわりと心にしみこんでくる。

そして早くも次で最後の曲。
「平日の夜にこんなにたくさんの人が来てくれてうれしいです。予定を蹴ってでも来てくれた人もいて本当にありがとうございます。予定を蹴ってよかった、そう思ってもらえていたら幸せです。次の曲はラストを飾るのにふさわしい曲、聴いてください。『星降る夜に』

ピアノとバイオリンの音にそっと彩られながら、心に語りかけるかのように歌いだす。
“人はいつか星になってみんなを見守るんだよ”
“星がまたたいて見えた、きっと君が笑ってる”
再びスクリーンには夜空が移り、ステージの後ろまで無数の星々に囲まれる。
世界観という言葉だけでは言い表せない。まさに世界を超えた宇宙観で会場中を魅了した。

映画のような、絵本のような、ミュージカルのような…情景や感情が鮮明に浮かぶ物語を歌う表現者のステージングは実にバラエティ豊かで、視覚や聴覚だけではなく心まで満たされていく。

深々と頭を下げ、盛大な拍手の中ステージを降りるイシヅヤシンとバイオリニストのゆさ。
しかし会場の拍手はいつになっても鳴り止まない。

会場すべての心が一つになりアンコールを望んでいるのだ。

ファンの熱い期待に応えるかのように再び登場。
アンコール曲として『いつもの日々』、そして『根無草』ではゆさも再登場。
繊細なピアノとバイオリンが絶妙なバランスで絡まりあい、異なる楽器がお互いにより良い影響を与え合っている。

そしてこのライブ、アンコールは一度だけでは終わらなかった。
なんとダブルアンコールが起きたのだ。

「ダブルアンコールも本当にありがとう!!まさかもらえるとは思ってなかったなぁ。」

と言いながらもちゃっかり衣装も用意していたイシヅヤシン。

さっきまで来ていた赤いジャケットを脱いで、今度は落ち着いた黒の衣装での登場。

曲に入る前に改めて会場に集まったファンの人たちへのお礼と、そして次回の配信リリースの告知をおこなった。
第1弾が8月13日、第2弾が11月13日、すべて13日ということで2月も13日になる可能性が…?
2月といえばバレンタイン。14日直前にリリースされる楽曲にも大注目だ。

「みなさん、これが本当に最後の最後の曲となります。僕一人ではこの素晴らしいステージを創り上げることができませんでした。本当にありがとう。みなさん、この後もたくさん飲んで!たくさん盛り上がって!そしてまっすぐ帰りましょう!」

ダブルアンコールの楽曲は『It’s gonna be alright』
長い人生の中、誰もがつまづいたり悩むことがあるだろう。
泣き出したくなるときもある。
言葉にならない感情が込みあがって、どうしたらいいかわからなくなることもある。

でも
“きっと大丈夫”
“君は大丈夫”
“僕も大丈夫”

愛されることをあきらめたらいけない、そんなメッセージ性の強い言葉に胸が熱くなった。
まさに本当にラストを飾るのにふさわしい一曲だ。

フィナーレを迎え、ステージの照明は徐々に白くなる。まるで夜空が明けて朝日が昇っていくようだった。
これも計算された演出だろうか?
ライブハウス全体に充満する感動がぶわっと一気に解放されたような不思議な空気を感じた。

朝日を背に深々とおじぎをするイシヅヤシンの姿はとても神秘的で、ライブの終わりが名残惜しくて、どうしたってまた観たくなる衝動に駆られる。

2018年11月16日(金)池袋FIELD
イシヅヤシン第2弾配信リリースレコ発ワンマンライブ。
『地下室にも星は降る』

<セットリスト>

1.ドワーフ
2.VillainS
3.Lost dog
4.アイビー
5.猫がワルツを踊る理由
6.Real
7.Blue moon
8.僕の名前は夜
9.夜空のサーカス
10.花が咲いていた
11.星降る夜に

(アンコール)
12.いつもの日々
13.根無草

(アンコール2)
14.It’s gonna be alright

<リリース情報>
2018/8/13リリース はじまりの歌
2018/11/13リリース 夜空のサーカス

【イシヅヤシン】
1987年10月02日
映画のような、絵本のような、ミュージカルのような… 情景や感情が鮮明に浮かぶ”物語”を歌う、語り部ピアノマン。
Twitter:https://twitter.com/shin_Ishizuya
officialサイト:https://ishizuyashin.amebaownd.com/

ミュージックバンク合同会社の情報もチェックしてみてくださいね。

ミュージックバンクの事務所公式YouTubeチャンネルはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました