「見たくないものばかり」伶、オリジナルソング披露

アーティスト

1月20日(日)恵比寿club aimにておこなわれたLUGZ STAR RECORDS × sonar-u TOKYO DRIVIN’ VOL.2
1部(日中)と2部(夜間)に分かれて開催された今回のライブでは、伶のステージは1部となっていた。活動7か月ほどでワンマンを決断し、今年12月にはそのワンマンライブ開催が決まっている(現時点では日程や場所などの詳細はシークレットとなっている。)

ステージに立つごとに大きな成長を魅せてくれるアーティストとして注目を浴びる伶。

この日披露された楽曲は
1.私の唄(オリジナル)
2.丸の内サディスティック(カバー曲)
3.見たくないものばかり(オリジナル新曲)

 

大切な人の部屋にあった誰のものかわからない化粧品とか、信じていた友達が裏で自分の陰口を言っているのを知ってしまったりとか…

もし自分が同じ立場だったらどうだろう?
見たくなかった、知りたくなかった情報ばかりがどんどん入ってきて、そのたびに心が押し潰されそうになる。
そんな心の痛みがリアルに伝わってくる歌詞が印象的な一曲だ。

「感極まって泣きそうになった…(笑)」

と、伶自身もこの歌への感情移入が凄まじい。
彼女のオリジナル曲には失恋をテーマにしたものが多いが、この楽曲は恋愛だけではなく“友情”についても深く考えさせられるものだ。

 

周りに頼りたくても頼ることができない。
この人は信用してもいいのだろうか…?裏切られないだろうか?
抉り出される心の疼き。葛藤と悲鳴。
そんな思いと戦いながら悩み抜いて決断したはずなのに、この結末は…


オリジナルソング「見たくないものばかり」は、次回のライブ2月3日(日)恵比寿Club aimのライブでも披露予定なので、気になった方はぜひチェック!

深みのあるジャジー・ボイスと独創的なメロディ、そして詩の世界観。伶の歌を聴いて“感極まる”想いをアーティストと共有しよう。

チケット予約やアーディストスケジュールチェックはこちら!↓
月額1,600円の定額制LIVE行き放題サービスsonar-u
※アーティストサポート登録で活動応援、さまざまな特典が受けられます。

【伶(レイ)】
Twitter:https://twitter.com/songpraat
Instagram:https://www.instagram.com/0429___ree/

コメント

タイトルとURLをコピーしました